Xperia Ear Duo評価レビュー

Xperia Ear Duoを購入して数ヶ月利用しましたのでレビューします。

感想

Xperia Ear Duoは、日常生活に革命をもたらす感動的なガジェット。テーマは「シームレス」。
これまで、イヤホンの使い方として、音楽を聞く時に装着する、聞いていないときは外しておくという使い方が当然に一般的だった。このXperia Ear Duoの登場によって、「装着したまま生活する」のが前提という使い方に変わる。
これにより、音楽を聞きたい時に「わざわざイヤホンを装着する」という行為の手間がなくなる。電車内、オフィス、カフェ等、音を出すのが憚れる環境で音楽を聞いたり動画を見たりしたいシーンは多い。その場合に、イヤホンを準備する手間が煩わしく、音楽を流さない、動画を見ないという選択をすることが多かった。これまであまり意識していなかったが、このやりたい動作をしないということが意外とストレスであることを、このイヤホンの登場によって初めて認識した。
日常的に装着していることが前提なので、音楽を聞いたり動画を見たりという行為に制限がなくなる。いつでも必要なシーンで音楽を流したり、動画を見たり、radikoを聞いたりといったことができる。LINEが届けばスマホを見ずにその内容を確認できるし、その場で返信もできる。
これは生活を変える。
カナル式でなく周囲の音を妨げないので、人と話したり会議中も特に外す必要性を感じない。音漏れもほとんどなくて、電車内での利用で周囲に迷惑をかけることもなさそう。
英語の勉強にも効果的。これまで、リスニングの練習をしたい時には、イヤホンを装着する手間があり、その行為の煩わしさが学習のハードルを高くしていた側面が意外にあったと思う。たとえば、混み合った電車内でわざわざイヤホンを鞄から取り出すことを考えると、取り出す行為そのものが周囲に迷惑をかけてしまうのでためらわれる場面があったが、「装着したまま生活」が前提だから、その手間や煩わしさがない
音楽アプリLINE MUSICとの親和性も高い。これまで、たとえば従来型のWalkmanで音楽を聞きたいときは、CDをPCに取り込み、機器に転送する必要があったが、スマホから直接聞くことができるので手間がない。この流れもイヤホン装着の手間がないという点で、シームレスに音楽を楽しむことができる。

初期設定

  • 充電器だけで本体がない!と思ったら充電器がケースになっていて、その中に入っていたw
  • 初期設定に結構手間取る。難しくはないが、同意すべき事項や自宅と会社の場所の設定など、小1時間くらいかかった印象。自宅と会社の住所登録はしなくても使えるが、設定しておくと、自宅から出発すれば「いってらっしゃい」、夜会社から出れば「お疲れさまでした」等のアナウンスが流れる。

操作

  • 音量の調節に慣れるまで結構時間がかかった。最初のうちは、音量を上げたり下げるつもりでタップと誤認識されることが多かった。気に入っている曲が流れて音量を上げようとしたときに誤認識で別の動作になるのは強いストレス。音量の上下も首振り機能か何らかのアクションで解決できてほしい。音量調節は、軽く長押ししてから上げたり下げたりするとよい感じ。
  • シングルタップとダブルタップの違いが認識されず、次の曲を再生したいのに停止すること多数。(これは首振り機能で解決できるが、電車内で何度も首振りするのは不審なので使いにくい。)
  • 誤認識したときに、そのコマンドをキャンセルする仕組みがあるとよい。(音量を変えようとしてタップと認識された場合など。アシスタントの起動は待っていればキャンセルされるが、それまで再生していた音楽等が止まってしまうのが不満。)
  • LINE MUSICでの音楽再生が可能だが、本体や声でストップできない(停止はできるが、アプリを止める方法がない)ため、スマホでアプリを落とす処理が必要。声や左耳・右耳の本体で音楽を止められないとスマートじゃない。
  • 町中で声を出すことに少し抵抗がある。

音声認識

  • Clovaの音声認識は、満足とは言えないレベル。友だちにLINEを送信するには事前に呼び名を設定する必要があり、それはよいのだが、家族にメッセージ送信を試みたところ、何十回試しても名前が認識されない。諦めて呼び名を「ヨメ」に設定したら認識された。試したのは街中。オフィスを出て帰宅するタイミングが最も利用頻度が高いので、逆にここで使えないと音声認識の意味があまりない。
  • メッセージ内容の音声認識力はそこそこ。「会社を出ました。これから帰ります。」とか「ご飯食べて帰ります」といった内容ならほぼ大丈夫。
  • 大体毎回3回ほどメッセージ内容の確認でやり直しの必要が生じている。以下は誤認識の一例。
    メッセージ内容をどうぞ→
    (○)「今帰ってます」 (×)「待ってます」
    (○)「府中駅」 (×)宇宙人
  • 音声での指示は外にいるときに利用することが多いので、町中のノイズが発生する場面でも高い認識精度が必要。(電車内やオフィスで音声でのメッセージ送信はできない。)
  • 実際に使ってみて、音声でメッセージを送信するシーンはあまり多くないかも。送信までのステップが多いので、立ち止まって打ったほうが早いし、街中で一人で声を出しながら歩くことにも抵抗がある。

案内音声

Xperia Ear Duoのアシスタントの案内音声は情緒的で好印象。正直、Clovaより圧倒的によい。ユーザーに寄り添ってくれている感じがすごくある。Clovaの案内音声は平坦というか、いかにもAIっぽくて、あまり感情がなさそう。

音質・通信等

音飛びはほとんどなく満足。Bluetoothとは思えないレベル。
ただし、新宿駅前など、混雑した場所で音飛びが発生することがある。電車の中では特に音飛びを感じたことはない。
左側のイヤホンだけ音が出なくなることがまれにある。一旦止めたり、別のアクションをしたりしていると元に戻る。最初は充電切れかと思ったが、そうでもない模様。
音量が全体的に控えめ。音楽を流すだけなら十分だが、街中を歩いていて英語のリスニングやニュースを聞くといった使い方をする場合に、音量を最大にしても聞き取りづらいケースがあった。最大音量をもっと上げられるようにしてほしい。

電源・充電

3回充電できるケースは満足。ケース自体は軽いし、さほど場所を取らない。
端末側に電源ON/OFFという概念がなく、ケースに入れたらオフになるとのことなので、外出時は原則としてケースも常に携帯する必要がある。

装着感など

装着に慣れるまでに2,3日かかったものの、慣れれば問題ない。長時間装着していても疲れはほとんど感じない。ほぼ1日中装着していても問題なかった。耳たぶの下側に装着するので、購入前は使用中に取れないか心配したけれど、その心配は杞憂だった。多少激しく動いても取れないし、意外な安定感がある。

結論

総じて好印象で、AIへの音声指示を使わないとしても、Blutoothイヤホンとしてだけでも買う価値があります。満足。

第50回記念青梅マラソン出場

第50回記念青梅マラソン、なんとか完走しました。
初めての30キロ走。20キロやハーフマラソンはこれまでに何度も走っているので、30キロもペースを少し落とせばそれほどきつくはないのではと思っていたものの、完全に甘かった。マラソンはよく自分との戦いと言われているけれど、今回の戦いは完全に敗北。戦いはレースの数か月前から始まっていて、スタート地点に着いた時にはほぼ決している。マラソンは実力以上のものが本番で出ることはないし、日々の積み重ねこそが大事。
マラソンを走るには、自動車に例えて3つの要素が必要と言われている。エンジン、ガソリン、車体。人間でいうと、心肺能力、エネルギー(食事)、肉体(ボディ)。今回、心肺とエネルギーは足りていたけれど、身体の備えが不足していた。終盤、ラスト5キロを切ったあたりで完全に足が止まってしまい、1キロごとの表示が永遠かのように感じられた。これは、膝や脚の強度不足によるもの。30キロを走り切るだけのトレーニングが足りていなかった。

青梅マラソンのコースは、ざっくりいうと前半が概ね上り坂、折り返し以降の後半が下り坂。ただ、前半の途中にも下り坂があり、それは即ち後半の途中にも上り坂があるということ。レース前半は自分の身体と相談しながら、無理なく自分のペースを維持できた。後半も20キロ過ぎまで、つまりハーフマラソンの距離まではまずまず行けた。ただ、残りの距離は自分にとって未知の領域ということもあり、未体験ゾーンに突入していくことに、身体が全く追いついていなかった。後半にやってくる上り坂は本当に厳しかった。日々の走り込みをもっと真面目にやらねば、30キロは走り切れない。

折り返して激走してくる川内選手やその他のトップ選手を見られたのはよかったです。Qちゃんこと高橋尚子さんとのハイタッチもうれしかった。
また、沿道に私設エイドを設置してくれている方が多数いて驚いた。チョコや飴、パンなどを頂きつつ走ることができて、元気をもらえた。コーラを配っている人もいた。後半の一番苦しい上り坂でロッキーのテーマを流している人とか。ひとつの大きなお祭りとして、地域に根差した大会となっているのがよかった。
きちんとトレーニングを積んでまた参加したい。

 

過酷な大雨(タートルマラソン)

f:id:Roots:20131112164443j:plain

荒川河川敷を走る「第42回タートルマラソン国際大会」(ハーフマラソン)に出場してきました。今回のレースは、一言でいうならば「過酷」。

前夜から降り始めた雨はレース前もレース中も、そしてレース後もひたすら降り続いていました。本当にこの雨の中走るのか…?と自問自答しながら、会場に着いてしまえばもう走らないという選択はなく。レース中よりレース前後がより過酷。雨によるぬかるみで地面はドロドロ。足首まで浸かるほどの水たまりも多数。更衣室として用意されたテントは風雨こそ防げるものの、テント内はやっぱりドロドロで、荷物置きにできるようなテーブルすらない状態。荷物は一体どこに置いて着替えればいいの…?

さらに、「手荷物預かり」とは名ばかりで、大渋滞の後にようやく手に入れたビニール袋へ荷物を入れたら、その大事な荷物は雨ざらしの地面に置きっぱなしにされるという恐ろしい状況。ビニール袋に入っているとはいえ、ブルーシートがあるでもなく、泥の地面に直置き。重い荷物を持って走るわけにはいかないし、他に選択の余地はなくどうしようもない。

スタート前にトイレに行っておきたい…と思ったが長蛇の列。数分並んでみたものの、スタート5分前にして目の前に50人くらい並んでいる状況だったのであきらめる。河川敷では屋根になるところもなく、ウォーミングアップすら満足にできないままスタート。

今回とった雨対策は、手袋をはめる、ポンチョを被る、くらいか。ポンチョは100円ショップで購入したもの。折り返し地点を過ぎたところで暑くなって脱ぎ捨てた。しかし雨は止まず。

ワセリンは持っていったけれど、スタート前は荷物を置く場所もなくゆっくり塗っていられる状況ではなかったので、塗るのをあきらめた。

 

こんな最悪なコンディションでありながら、レース自体はかなり冷静に自分のフォームをチェックしながら進めることができた。公式記録はまだ出ていないものの、手元の時計では2週間前の初レースから約7分短縮し、1時間55分程度で走れました。これは自分への挑戦という意味ではよかった。前回のレースと同様の展開で、前半より後半により速いペースで走れている。これはよいこと。

しかし雨の河川敷はもう二度と走らないと固く誓うレースでもあった。レースそのものより、前後の泥んこ状態がたまらんです。

 

この大雨の中、スタッフの皆さんは献身的に対応して下さいました。また、橋の下でブラスバンドが「ランナー」を延々と演奏し続けていた。これは勇気を頂きました。復路では演奏がかなりヘロヘロになっていたけれど、それだけ演奏し続けてくれているということ。ありがたかった。

雨予報

ハーフマラソンから2週間後、明日は二度目のハーフマラソン

今週は足を痛めたり風邪を引いたりと調整がいまいちだったものの、直前期の驚異的な回復力で調子が戻ってきました。体調はほぼ万全。しかし一番の不安要素は当日の雨予報。降水確率70%なので、雨はほぼ間違いない。イヤァァァアア!

雨合羽は持っているけれど、なるべくなら使いたくない。通気性がよくないし、走りにくくてフォームも崩れそう。

とにかく自分にできることをやろう。

はじめてのハーフマラソン

f:id:Roots:20131006072918j:plain

 

初めてのハーフマラソン、無事終了しました!出場したのは長野県の上田古戦場マラソン。結果は2時間2分48秒。想定タイムは2時間10分、1キロ6分ペースとみていたので、それよりもよいタイムで走れたのは満足です。

直前期、体調がずっとよいままで調整できていたので、1週間前から早く走りたくてうずうず。数日前からは走り過ぎないように気を付けて軽めの調整を心掛けました。

 

さて、レース前半は折り返し地点までずっと緩い上り坂。ここを我慢して1キロ6分ペースをひたすら守り続ける。この「我慢」は、もう少しペースを上げたくなることへの我慢と、上り坂に負けない我慢の両方。もう少し速くても最後までいけるんじゃないかという自分の中での葛藤を抱えながら、焦らず無理せず走り抜くことを選択。

折り返し地点直前に一番の上り坂。折り返し地点では地元の和太鼓集団が応援してくれていて力をもらう。前半ずっと緩い上り坂だったということは、後半はずっと緩い下り坂ということ。これは素晴らしい。身体が軽く、どこまでも走っていけそうなくらい気持ちいい。走りながら笑顔があふれるくらい。後半は他のランナーに抜かれることは全くなかった。

後からスプリットタイムを見ると、後半はほぼずっと1キロ5分30秒前後で走っている。最速区間はラスト1キロで、ここは自分でも驚きの5分5秒で走っていた。終わってから見れば、前半もう少し飛ばしても大丈夫だったかも。もしくは後半のペースをもう少し飛ばしてもいけたかも。今回は初めてということもあり、なるべく色気を出さずに完走することが目的だったので、その意味ではよかった。

次回はすぐ2週間後にハーフマラソンを走るので、ここで2時間切りを狙う。

 

天気がよく、10月というのに最高気温が27度とかで、マラソンとしては暑すぎる気温ではあったものの、湿度が低かったので気持ちよく走れました。地元の方の応援も励みになり、できる限り手を挙げて応えました。

今回は、基本的には最初から最後まで、自分のしんどくないペースで走り続けました。脚や膝などの肉体的にも、心肺機能的にも。水分補給や栄養補給もうまくできていたし、冷静さを保って走ることができたのはよかった。ただ、自分の限界に挑戦するレースではなかった。今後のレースでは、自分自身に挑戦できるようにしていきたい。これはレースのときだけではなく、普段のトレーニングからだな。

下の写真は開会式前の様子。素晴らしい秋晴れ。f:id:Roots:20131006080654j:plain

 

接骨院行ってきた

筋肉痛かと思っていたふくらはぎ、一週間経っても痛みが消えない。これは筋肉痛じゃなくて怪我だな…。

ということで、近所の接骨院に行ってきました。初めてのところは不安になるけれど、いい感じのところだった。事情を話して、診察してもらった結果はこんな感じ。

  • 骨格的に膝が伸びないため、走るときに大殿筋と大腿四頭筋が推進力としてうまく使えていない。
  • そのため、足の前の部分で着地して走る際にふくらはぎに負荷がかかったものと思われる。
  • また、痛みの出ているところはふくらはぎだが、腰から脚にかけて疲れが溜まっている
  • 運動は差支えない。テーピングして動いてみて様子を見た上で調整していこう

というわけでテーピングしてもらいました。通えそうな感じのところでよかった。また診てもらいに行こう。今月はほとんど走れていないなあ。10月のハーフマラソン大丈夫かなあ。

しかし今日の東京、11:30時点で37度とか。猛烈な暑さだ。どうなってるのこれ。脚の痛みがなくてもこんな暑さじゃ危なくて外を走れないよ。

 

膝痛からの復帰

膝を痛めて2週間ほどランニングを休んでいました。ランナーズニーというやつです。

主な原因として考えられるのは3つ。ひとつめはランニングフォーム。ふたつめは下半身の筋力不足。みっつめはウォーミングアップ不足。

というわけで、ランニングを休んでいる間にまずやったことは、ジムで大腿四頭筋を中心とした下半身の筋トレ。スタジオプログラムで「ボディステップ」という、踏み台を利用して下半身を使う有酸素運動のプログラムにも参加した。

 

あとはランニングフォーム改造の研究。今までは、身体を地面と垂直になるような感じで走っていた。が、色々調べてみると身体は常に前傾姿勢を保つのが正しいらしい。着地はかかとではなく前の部分または足裏全体で。膝は常に曲げる。

午前中にアマゾンで注文した膝のサポーターが夜になって届いたので、夕飯後に30分ほど試走。

膝は今のところ大丈夫みたい。30分しか走っていないので、徐々に距離を伸ばしてみて様子を見たい。それより気になる変化が。フォームを変えてみたら、今まで使っていなかったと思われるふくらはぎが痛い。この痛みは怪我ではなくて筋肉痛。着地を変えたことによって使う筋肉が変わったためと思われる。これはいいのかな?ちょっと調べてみよう。

きちんと走れる身体を作っていきたい。がんばろう。